FC2ブログ
  1. スポンサー広告
  2. [ edit ]

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. 購入した苗
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

クリスマスプレゼントが届いた!

やっとクリスマスに注文していた苗が届きました。(((o(*゚▽゚*)o)))

ご紹介しましょう。では・・・

エントリーナンバー1 スティパ テヌイッシマ [Stipa tenuissima]
スティパ テヌイッシマ 注文苗


そして・・・
エントリーナンバー2 ダウクス ブラックナイト[Daucus carota var.sativus 'Black Knight']
ブラックレースフラワーのことです。
ダウクス ブラックナイト 注文苗


最後に・・・
エントリーナンバー3 タリア デアルバタ[Thalia dealbata]
タリア デアルバタ 注文苗

今回は、この3種類をACID NATURE 乙庭さんから注文しました。
乙庭さんは、他のガーデニングサイトとは違って、とても個性的な商品がありますよ。ブラックレースフラワーを除いて、あとの2種類は、なかなか手に入りにくいような気がします。

実は、スティパとブラックレースフラワーはリベンジで購入しました。
今年育てていたのですが、スティパは梅雨の長雨で枯れてしまいました。゚(゚´Д`゚)゚。

在りし日のスティパをご覧ください! このサラサラヘアーがたまらなく、美しかったのです。
もう一度あの風に揺らぐ姿が見たい!と思っていました。リベンジということで、2鉢購入です。

在りし日のスティパ1

在りし日のスティパ2


ブラックレースフラワーは、ここまで育ったんです。そして種も取れました。でも一つも発芽しなかったんです○| ̄|_
なぜでしょうか。もしかしたら、採をとった時期が夏だったので、梅雨の雨でカビていたのかもしれません。ヽ(*>□<*)ノくやぢ━♪
これまた2鉢購入です。

ブラックレースフラワー1

ブラックレースフラワー2


タリア デアルバタは初の挑戦です。昨日気づいたのですが、ボタニックガーデンの池にも植えてあったような・・・
おそらく同じだと思います。そうです、これは水性植物です。今は、腰水状態で管理しています。

下の写真の白枠を見てください。この場所、ずーっと何か合う植物はないか探していました。
エアコンの室外機をさりげなく隠し、なおかつ室外機の向こうが見えなくなるような植物を。

我が家の庭は、細長い庭です。庭に入ると突き当りまで、よく見えます。でも先まで見えてしまう庭って
つまらないと考えていたんです。この先はどうなっているんだろうという、わくわく感がないのです!

だからこの植物で実験です。本来は2~3m(花が咲いた状態で?)になるそうですが、
鉢栽培ですから、そこまで大きくならないのでは、と思っています。
まあ、まだまだちび苗ですので、ゆーっくり経過を見たいと思います。

気になる箇所 室外機よこ

良い結果が出ますように・・・と祈るばかりです。

今年のブログアップは本日で終了です。数あるブログの中から、ご覧いただきありがとうございました。
来年もどんどん更新していきますので、ぜひ見てくださいね。((^∀^*))
皆様、よいお年をお迎えください。ヾ(o´∀`o)ノ





ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ
スポンサーサイト

  1. 生け花
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

お正月の生け花

今日は、イングリッシュガーデンとはガラッと変わって和の花を載せますね。

昨日は、お正月用の生け花をしてました。(^∇^)ノ
大学時代に草月流の華道サークルに入っていたこともあり、社会人になっても、たま~に花を買ってきて活けていました。

それが・・・だんだん頻度が減り、今ではお正月だけ活けてます。
どんどん下手になっていくんですが、先生の評価が入るわけではないでの、自己満足でやってます。
主人は、生け花なんて、ちーっとも興味ありませんので、せめてブログの中でだけでも、
見てやってください。(´∀`*;)ゞ

2015正月生け花1

玄関用です。万両とか千両は、懐事情と相談してあきらめました。( ノД`) 松があるだけで十分です。
豪華さには欠けますが、こんなもんでしょう。(´∀`*)


2015正月生け花2

別角度でーす。


2015正月生け花3

玄関とは別に、この花器を使って一作品作ってみたいと考えていました。
ロウバイと菊のみです。ほんとは、菊ではなく、アリストロメリアを挿す予定でしたが、なんとなく合っていなかったので、
菊にしました。菊は、玄関用の菊の余りです。すごくシンプルですが、個人的にはこういうのが好きです。(*´v`)

ロウバイの香りが部屋中漂ってます。(*´∀`人 ♪


2015正月生け花4

これは、それでも余った花材で作りました。黄色だけでは、ぼや~っとした感じですので、庭からニューサイランを切ってきました。
う~む・・・、これで引き締まったかな。(*´~`*)

皆さんも、生け花されましたでしょうか。一作品あるだけで、部屋の雰囲気がぐっと変わりますよね。
気持ちがピシッと引き締まる気がします。洋もいいけど、和もいいわ~と思っていただけたら幸いです。



ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ




  1. ガーデンめぐり
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン その4


今年の年末年始は予定が変わってしまいました。主人に年末の仕事が入ってしまったんです。仕方なく、帰省は断念しました。
今日から30日の夜まで、一人ぼっちです。。゚(゚´Д`゚)゚。

小さくても、一軒家。夜中に、「カタッ」とか音がすると怖いのでΣ(´Д`lll)!!、早く寝ることにします。

こんなときこそ、美しい写真を見て、癒されましょう(ノ´▽`*)b☆

ボタニックガーデンその4です。

ボタニックガーデン18

奥の銅葉は、トキワマンサクでしょうか。手前のツゲとのコントラストが、いいですね~(* ´ ▽ ` *)

ボタニックガーデン19

水生植物のコーナーにやってきました。
すみません、水生植物はあまり知らなんです。でも家にこんな池があったら、楽しいでしょうね。ヽ(≧∀≦)ノ

魚や鳥を放して・・・、考えただけでも鼻血が出そうです。

ボタニックガーデン20

ボタニックガーデン21

ボタニックガーデン22


残念ながら、ボタニックガーデンはこれで終わりです。
素敵な空間がたくさんあるこのガーデンは、四季を通して行ってみたいですね。
すぐ隣にある、ジョイフル本田新田店にも是非足を運んでみてください。
ガーデンセンターは、お宝の宝庫です。探していた宿根草など見つかるかもしれません。(*´ω`)┛


現在は冬季休園中だそうです。
冬季休園期間
2015年12月21日~2016年2月20日まで
2月21日から再開予定とのこと。




ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ

  1. ガーデンめぐり
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン その3

今朝は霜が降りるくらい、寒ーい朝でした。でも今は太陽が出ていて、快晴です。
雪国出身の私からすると、冬に晴れるなんてとーってもありがたいんです。
なにより気持ちがあがりますヾ(・∀・)ノ

気持ちがあがったところで、はいっ、ボタニックガーデン その3 いってみよー(ドリフっぽく言ってみました(´∀`*;)ゞ)

ボタニックガーデン12

このシダ植物はクサソテツでしょうか。チューリップはもう終わりかけてますが、シダのライムグリーンとチューリップのピンクがよく合ってます。シダと共演しているということは、晩生種のチューリップでしょうか。
マネしてみたいですね。何より、このシダがほしー━(´ェ`)━!!!

ボタニックガーデン13

ここも同じシダです。でも不思議なんです。シダ植物って、半日陰から日陰の植物でよね。真夏になったら、このシダどうなっちゃうんでしょうか。きっと計算して植えているんでしょうから、夏もきちんと越せるんでしょうね。真夏にもこれたら、このモヤモヤはきっと解決されるんでしょうが・・・

ボタニックガーデン14

クリーピングタイムでしょうか。シンプルだけど絵になります。(((o(*゚▽゚*)o)))

ボタニックガーデン15

ボタニックガーデン16

これエスパリエ仕立てですか?違うかしら・・・。最初に、こんな仕立て方があると知ったときは、びっくりでした~Σ(゚□゚(゚□゚*)
でも平面があればよいのですから、東京でもできるかな?

ボタニックガーデン17

残念なら、バラもアリウムも咲いてません。(T_T)
5月中旬にはきっと、ロマーンティックな風景がみれるんでしょう。


ボタニックガーデンの写真はその4に続きます。次回も是非見てくださーい。



ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ

  1. ガーデンめぐり
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン その2

もうクリスマスも終わりですね。今年もあっという間でした。そろそろお正月の準備を始めようと思います。(。>ω<。)ノ

さて、ボタニックガーデンの続きです。

ボタニックガーデン6

この竹の生垣素敵~.゚+.(・∀・)゚+. 真似したいけど、うちでは無理|ω・`)
せめてこの支柱キャップほしいですね。陶器製のキャップは、通販でよく見かけますが、木製はあまりありませんよね。
意外とお値段がするので、購入は迷い中です。

ボタニックガーデン7

アーチがいくつも並んでますね。これから新しい景色ができあがるんでしょうね。

ボタニックガーデン8


ボタニックガーデン9

アイスクリームみたいなトピアリーがかわいい。(o‘∀‘o)*:◦♪ メンテナンス大変そうですが・・・

ボタニックガーデン10

この青紫の花は、アヤメでしょうか?この色素敵ですよね~。実はこれに似た、「ノアヤメ」の球根を秋に注文しました。
こんな風に咲いてくれることを祈るばかりです。

ボタニックガーデン11

この色のグラデーション、すごく綺麗(゚∀゚) 
手前のトピアリーのすぐ近くにあるピンクの花は、なんて名前なんでしょう?
カラドンナとの組み合わせが絶妙です。ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

ガーデンめぐりは勉強になりますね~。写真をもう少し紹介したいので、その3をご期待ください。(*・`ω´・)ゞ



ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ

  1. ガーデンめぐり
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

アンディ&ウィリアムス ボタニックガーデン その1

みなさん、昨晩はいかがお過ごしだったでしょうか。きっと家族団らん、料理を囲んで楽しい夜をお過ごしだったんでしょうね。

我が家は・・・・・・ふつーの夜でした。。゚(゚´Д`゚)゚。 
結局、26日土曜に、ケーキを食べようということで、話は落ち着いております。

ここまで、我が家の狭ーい庭の話ばかりでしたので、広ーい本当のイングリッシュガーデンのお写真を載せますね。
今年5月のアンディ&ウィリアムス ボタニックガーデンです。
まだバラは咲いていませんでしたが、十分に楽しめました。(* ´ ▽ ` *)

ボタニックガーデン1

この花は、ガーデン入口に植えられていました。素敵な花だったので、店員さんに名前を聞きました。「カマシア」というそうです。
あまりにもきれいだったので、秋に球根を購入しました。春には花が見れるといいのですが・・・

ボタニックガーデン2

見事なアガベです。Σ(゚□゚(゚□゚*)

ボタニックガーデン3

ボタニックガーデン4

ボックスヘッジの中に、ジャーマンアイリスとクレマチス。これぞ、イングリッシュガーデンですね。
うっとりです~。o(≧ω≦)o

ボタニックガーデン5

まだまだ写真をとりましたので、次回紹介します。
お楽しみに~((⊂(^ω^)⊃))



ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ


  1. 寄せ植え
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

玄関に寄せ植えを

今日の東京は暖かかったですね。そういえば今日はクリスマスイブでしたね。Σ(´Д`*)

私なーんにも用意してません。そもそも主人がはっきりしないんです。「24日は平日だからゆっくり夕飯が食べられない。だから25日にしよう」と言ってみたり、「でも25日は忘年会に誘われるかも」と言ってみたり・・・o(`ω´ )o
どうするのかはっきりしてもらいたいものです。

でもうちは、普通の夕飯にチキンとケーキがつくだけですから、
準備は簡単なんですけどね。
子供のころは、あんなにクリスマスが楽しみだったのに・・・。なんとまあ、変わってしまったんでしょう。歳のせいでしょうか。
(っω・`。)

きっと皆様は、パートナーからクリスマスプレゼントをいただくんでしょうけど、我が家は、結婚9年目。もうクリスマスプレゼントなんて、主人から直接もらえません。だから・・・・・・・・・・・・・・・自分で注文しちゃいました(*´∀`人 ♪ 
それはもちろん花苗で~す。
昨晩注文したばかりなので、届いたらご報告しますね。


さてさて、このブログタイトルは「狭小の庭」でしたので、そちらの方に話を変えますね。

タイトルを見て、このブログを読んでくださっている方の中で、「植物を地植えできるような地面がない」「家の周りはすべてコンクリート」という方もいらっしゃると思います。

そういう方に、是非玄関横の寄せ植えをお勧めします!

でも、面倒くさそうといわれそうですが、そんなことはありませんp(*^-^*)q

そんな私ですが、過去に何度も寄せ植えを作ってきました。その中で、不満に思っていたことがあります。

その1  花が終わるたびに、すべて解体するのが面倒。
その2  解体後、まだ使えるカラーリーフや多年草をどこで管理するのか。
その3  毎回寄せ植えを作っていたら、お金がかかる。

この3つすべて解決する方法があります!
この3枚の写真を見てください。

2014年春 玄関寄せ植え

2014年冬 玄関寄せ植え

2015年冬 玄関寄せ植え

おわかりでしょうか。パッと見、すべて印象が違いますよね?
でも、鉢の中央部だけが入れ替わっているのに、お気づきですか?

「そんなの見ればわかるわよ~」という方も、もちろんいらっしゃると思いますが、私自身は意外と印象が違うと思っています。(゚∀゚)

この鉢は、我が家の玄関横に一年中鎮座しております。中央部の花を入れ替えるのは、春と秋だけです。
ずーっと使いまわしているのは、

ニューサイラン
ロータスブリムストーン
ヒューケラ(途中で種類を変えました)
ルブス

だけです。この4つに共通しているのは、

①常緑
②暑さ、寒さに強い
③日照時間が少なくてもよい
④乾燥に比較的強い

ということです。玄関横に置くので、①常緑ということは外せませんよね。②③は季節の変化に対応できることです。④は水遣りが遅れても、すぐに枯死する心配がありません。そもそも玄関ですから、水遣りを忘れるということが、他の鉢と比べて少ないと思います。

私は上記の4つの植物を選びましたが、何も条件にあてはまる植物はこれだけではありません。好みの植物でいいんです。
一鉢あるだけでも、生活にちょっとした潤いが生まれるような気がします。



「これなら、私も一鉢欲しいわー」と思ってくださった方、是非ぽちっとよろしくお願いします。


花・ガーデニング ブログランキングへ




  1. 書籍
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

感銘を受けました

今朝は休日ということもあり、寝坊してしまいました。慌てて起きてテレビをつけると、NHKで羽生結弦くんが出ているではありませんか~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
ちょうどNHK杯の映像が流れていたのです。はっきり言って、私、羽生くんのこと好きです~
皆さんもそうですよね?
演技の素晴らしさもさることながら、21歳にしてあのメンタルのすごさ。見習いたいものです。
まさに感銘を受けるスーパースターです。

感銘を受けるといえば、ガーデニングで私が最初に感銘を受けたのは、そうあの方、吉谷桂子さんです。( ^ω^ )

吉谷桂子さんを知るきっかけになったのは、書店でたまたまこの書籍を購入したことでした。

タイトル:寄せ植えの作り方・飾り方
著者:吉谷桂子
(※当初表紙画像を載せておりましたが、削除しました。)

「私も持ってるわ~」という方も多いと思います。

この書籍、寄せ植えのサンプルが多数掲載されていますが、寄せ植えだけでなく、沢山のエッセンスがつまっています。
まあ、植物の種類の多いこと!近くの園芸店では、お目にかかれない植物が目白押しです。
中でもすぐにマネしたい!と思ったのは、鉢をシンメトリーに置くことでした。私が当時マネした画像をご覧ください。

最初の寄せ植え 引き画像

最初の寄せ植え アップ画像

ミーハーですね~。(//>ω<)でもいいんです!学ぶことは、まねることですから~(ノ´▽`*)b☆

この本の購入後、ずっと後ですが、吉谷さんのガーデニングブログがあることを知りました。
今では、毎回欠かさずチェックしていますが、ブログの中で吉谷さんが繰り返し書かれていることがあります。
それは、「トライ&エラー」です。

日本語では、試行錯誤ということになるんでしょうか。この「トライ&エラー」という言葉、私は大好きです。
第一線でご活躍されている今でも、試行錯誤を忘れない方なのです。本当に頭が下がりっぱなしです。

だから、私もやろうかどうか迷った時、「トライ&エラー」を思い出します。
失敗なくして、成功はないんだと。人生の色々な場面で使える言葉ですよね~(´∀`*)
これからも大切にしていきたいです。



ブログランキングに参加しています。ぽちっとしていただけると嬉しいです。(〃▽〃)

花・ガーデニング ブログランキングへ


  1. 庭の変遷
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

日向なの?日陰なの?

今日で、ブログのアップは三回目です。少しやり方に慣れてきました。+゚。*(*´∀`*)*。゚+ほっ。

さて庭づくりですが、最初私は大きな勘違いをしていました。
それは、自分の庭の日照条件は、日向だと思っていたからです。
無理もありません。庭づくりを始めたのは、家購入の翌年の春だったからです。
庭は、家の南側にあり、夏はよく日が差したのです。

ですから、私は日向向きの植物をバンバン購入していました。
購入条件は、耐寒性、耐暑性に優れた日向向きの植物でした。
耐寒性を求めたのは、一年住んでみて、私の住む地域は、
真冬になると最低温度がマイナス3度を記録することがあったからです。

しかーし、秋になったら、庭には日が当たらなくなってしまったのです。当たり前です。私の家の南側には、家が建っていたのですから。

太陽の高度のことなんて、何にも考えず、のんきに花を植えていたなんて、なんておバカなんでしょう。(T_T)
その時の写真が残っていました。

ピエールドロンサールの周辺 ビフォー

これは11月に撮影した写真です。完全に日陰ですよね。しかも、あとからわかったことは、ここは夏でも日照時間が短い場所だったんです。写真をよく見たら、何を植えたのか、思い出しました。

①ピエールドロンサール
②チェリーセージ 二株
③サルビア・レウカンサ 二株
④ハナトラノオ 二株
⑤イトススキ
⑥ヤブラン

こんな狭いところに、たくさんの日向の植物を植えていたんです。これも後から知りましたが、②③④はこんな狭いところに収まる植物ではありませんでした。知らないということは、なんと恐ろしいのでしょう。( ノД`)

このあとも、写真には残っていないのですが、様々な植物を植えては変え、植えては変えの連続でした。

でもいまでは、こーんなに変わりましたよ。ここ、ほぼ同じ場所から撮影しています。

ピエールドロンサールの周辺 アフター
(しつこくてすみません。また同じ画像を使ってしまいました。)

今この場所に残っているのは、①ピエールドロンサールと⑥ヤブランだけです。

数々の失敗からわかったことは、こんな小さな庭でも、季節によってめまぐるしく生育環境が変わるということでした。

それからです。庭を毎日眺めるようになりました。観察がいかに大切か身に染みました。
100軒の家があれば、100通りの生育環境をもつ庭が存在するんですね。

今日はここまで。また読んでくださいね。ヽ(´∀`)ノ


花・ガーデニング ブログランキングへ

  1. 庭の変遷
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

ビフォー&アフター

今日は、やっと人気ブログランキングに参加登録ができました。ちょっと時間がかかってしまい、へこんでおります。○| ̄|_

気を取り直して、タイトル通り、私の庭のビフォーアフターをご紹介しましょう。

ビフォー(2011年11月撮影)
庭のビフォー画像

アフター(2015年5月撮影)
庭のアフター画像


ビフォー画像は今思えばお恥ずかしいばかりです。(´;ω;`)
ビフォー状態にするのも一苦労でした。
土壌改良に時間がかかったのです。地面を30cm掘り返し、掘り上げた庭土に赤玉土と腐葉土、元肥を混ぜる日々が続きました。
やっと植物を植えたのですが、それもつかの間。なんだか私が思っていた庭と違う・・・そう感じ始めました。

そこで4年に渡り、マイナーチェンジを何度も繰り返して、やっとアフター状態に。o(^▽^)o

今見ても、本当に同じ庭なのか、疑いたくなるほどです。(´∀`*;)ゞ

どのように変えていったかは、また次のブログでご紹介します。
本ブログをご覧いただき、ありがとうございます。またよろしければ、お立ち寄りを!


花・ガーデニング ブログランキングへ



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

りんか

Author:りんか
ある日突然ガーデニングに目覚めた私。 しかし・・・購入したのは東京郊外の狭小の建売戸建。 植物の知識ゼロからイングリッシュガーデンを目指し、試行錯誤の日々を送っています!
主人と二人、東京郊外に住んでいる主婦です。
三度の飯より、花が好きです。
最近は、ハンドメイドの小物や刺繍作品、ドライフラワーを作っています。
血液型:A型
出身地:新潟県

フリーエリア

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2015 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。