FC2ブログ
  1. 失敗を糧に
  2. cm: 0
  3. [ edit ]

持続可能なガーデニングとは?

東京は、今晩から雪が降るとか・・・(´;ω;`)

あまり降らないことを祈ります。


さて、本日のブログ記事ですが、長文になりそうなので、はじめにお断りをしておきます。(*・`ω´・)ゞ


ガーデニングを始めて、約5年が経ちますが、

コストを最小限に、かつ適度なパフォーマンスが得られる、妥協点をずっと追及しています。



ガーデニングは、初期投資が大きく、年数を経ることに、そのコストが下がってきますよね。

最初は、道具をそろえたり、フェンスを作ったり、苗を買ったりと費用がかさみます。

それが一段落すると、だんだんとコストが減ります。

でも一定のところまでくると、もうコストは下がりません。

ガーデニングを維持するために、最低限の消費が必要になるからです。

たとえば、用土、肥料、農薬などです。

この必要最低限の費用が、少なければ少ないほど、ガーデニングを持続させる年数が伸びます。


私は、ガーデニングを一生の趣味にしたい!と考えているので、

とりわけ用土について、適度な妥協点を探し続けています。



私がガーデニングを始めたころ、培養土は購入していませんでした。

だって、培養土は高いですから。

赤玉土、鹿沼土、ピートモス、バーミキュライト、パーライト、燻炭、腐葉土などを混ぜて、鉢植えに使っていました。

でも・・・そのうち、その作業に疲れ果ててしまい、結局培養土を使うようになりました。



今使っている培養土は、決して安くはありません。 最初は、満足していたんです。

でもここ2年ほどで、「この培養土、ほんとに良いものなのか?」と疑問を抱くようになりました。

最初は、水はけがいいんです。でも水遣りを2~3か月続けると、極端に水はけが悪くなり、

苔が出てくることもあります。

どの培養土とは言いませんが、1リットル当たり、34.4円です。


ミミズが多くなったのも、この培養土を使うようになってからの気がします。

ミミズの記事については→こちら

少し話が飛びますが、先日ホームセンターに用土を買いに行った時のことです。

試しに、他の培養土も使ってみようと思ったのですが、

種類が多くて選べない!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

それほど大きくないホームセンターなのに、8種類ありました。

最近のトレンドは、「軽い、手が汚れない」培養土ですよね。

私が使っている培養土も、その種類に入ると思います。

その、「軽い、手が汚れない」培養土に共通するもの、それは・・・


繊維質の土壌改良剤です。


これが腐植化すると、粘りが出て、水はけが悪くなるのだと思います。(あくまでも、個人の見解です(・Д・)ノ)

ですので、古土になって再利用するとき、団粒構造を取り戻すために、赤玉土を多めに入れなくてはなりません。

これでは、長期的に見たとき、用土の管理、費用がかさみます。



一方、今一番高いと思われる培養土は、その繊維質の土壌改良剤を使用していません。

皆さん、お分かりだと思いますが、○○○ゴールドのストレスゼロです。

はっきり言って、庶民が買える値段ではありません。



でも、そこから学ぶべきは、よい土は、パラパラの超水はけが良さそうな土だということです。

以前、NHKの「趣味の園芸」に、ローズソムリエの小山内 健さんが出演されていたとき、

「バラに適しているのは、パラパラチャーハンのような土」とおっしゃっていたのをよく覚えています。


それと、私はACID NATURE 乙庭さんから苗を購入することがあるのですが、

乙庭さんはオリジナル培養土に植え替えて苗を送ってくれます。

このオリジナル培養土も「パラパラ」で、超水はけが良いです。


両方を見て気が付いたこと・・・

それは、どちらも「小粒の軽石」が入っているんです。

ですから、買ってきましたよ~。(^∇^)ノ

軽石カルトン

赤玉土より、単価は倍以上しますが、

現在使用している培養土:赤玉土:小粒の軽石=5:3:2で使用すれば・・・


今より、安い培養土が出来上がります。(赤玉を3ではなく、赤玉2、鹿沼1でもよいと思います)

しかも、今より水はけよく、再利用もしやすくくなります。



手間はかかりますが、しばらくはこの方法を続けてみたいと思います。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。




ブログランキングに参加しています。ぽちっと押していただけると嬉しいです。(^^)

花・ガーデニング ブログランキングへ
スポンサーサイト


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール

りんか

Author:りんか
ある日突然ガーデニングに目覚めた私。 しかし・・・購入したのは東京郊外の狭小の建売戸建。 植物の知識ゼロからイングリッシュガーデンを目指し、試行錯誤の日々を送っています!
主人と二人、東京郊外に住んでいる主婦です。
三度の飯より、花が好きです。
最近は、ハンドメイドの小物や刺繍作品、ドライフラワーを作っています。
血液型:A型
出身地:新潟県

フリーエリア

アクセスカウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

« 2016 01  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -